デジカメの録画時間30分制限、解除おめでとう

もう制限が外れているα6400 Photo: amito

しかたなーい。買い替えますかー(にっこり)。

2019年2月1日、 日欧EPA(日EU経済連携協定)が発効されました。それにともない一部製品の関税が撤廃されるのですが、その中にはデジタルビデオカメラがありまして。ええ、いままでデジタルビデオカメラという枠で売られる製品には関税がかかっていたんですね。

30分以上撮れると関税がかかる→メーカーが自主制限

コンデジや一眼カメラで動画が撮れる現在。どのような製品をデジタルビデオカメラというのかというと。

・解像度が800×600ピクセル以上

・フレームレートが23fps以上

・動画の連続録画時間30分以上

の3つの条件を満たしたモノだったんです。

そういえばさまざまなデジカメの録画機能を思い出すに、29分59秒までしか撮れないものが多かった...! そう、ここ。ここテストにでるとこ。関税のせいで、デジカメの録画機能はメーカーが自主的に制限をかけていたんですね。まあ4Kで撮ってたら熱がたまりすぎて短時間でシャットダウンしちゃうデジカメもありましたが。

参考までに、テレビビデオカメラは4.1%、ビデオカメラその他(外部入力端子付)は10.5%もの関税がかかっていました。販売価格が上がればあがるほど競争力は失われていきますから、そりゃデジカメは関税0%のままで行きたいですよね。

これから発売されるデジカメは動画撮影性能を上げてくる

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年2月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。