ほんの一瞬とまって、逆方向へ...? NASAが捉えた月の奇妙な動きの謎

Image: NASA/Goddard/SDO via Gizmodo US

地動説が確立されるまで、専門家もだまされた現象でした。

先週、NASAの観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」が捉えた一連の画像が話題に。月が太陽を通り過ぎる際にちょっと止まって方向を変えるかのような動きが見られました。

え、やだもしかしてこれって宇宙のアルマゲドンの予兆とか? ...いいえ、じつは天文学者には馴染みある錯視でした。

何が起きたの?

SDOは現在、地球を周回する軌道にいることから月の姿を捉えることも珍しくはないといいます。そんななか2019年3月6日に観測されたものはちょっと特殊で、月が太陽面を左から右へ通過(普通)したのち、こんどは逆方向に動いた(普通じゃない)かのように見られたのです。

このことを天文学的に逆行(retrograde motion)と呼ばれていて、NASAによれば「軌道上の異なる地点で、異なるスピードの異なる物体がどう動くかによって、天体が逆方向に動いて見える」ことがあるのだそうです。

逆行について、昨年のEarthSky で天文学者のChristopher Crockett氏が次のようにわかりやすく説明しています。

ご自身でも確かめていただける方法があります。高速道路で車を追い越すときです。自分の車よりも遅く走る車にだんだんと近づくとき、走っている方向はまちがいなく同じですよね。ところがレーンを変えて追い越そうとするとき、ほんの一瞬だけ相手の車が逆方向に動いて見える点があります。その後、前進し続けるにつれてまた同じ方向に走っているのがわかります。

同じことが地球よりも遅い動きをする外惑星にもいえます。たとえば、地球が木星や水星、土星を追い越すとき、これらの外惑星は自らの軌道上を地球よりもゆっくりと動きますが、空を数ヶ月にわたって逆方向に動いて見えます。

...続きを読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年3月18日のライフスタイル記事
「ほんの一瞬とまって、逆方向へ...? NASAが捉えた月の奇妙な動きの謎」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「惑星」「遊星」の語源だわね

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。