全員女性による宇宙船外活動が3月末についに実現

Image: NASA/Elizabeth Weissinger

たまたま女性だけの編成になったのだそうな。

NASAの宇宙飛行士、アン・マクレイクリスティーナ・コッチが、3月29日に史上初の全女性チームとなり、国際宇宙ステーションの外で宇宙遊泳を行なうことになりました。

古くは1984年7月25日、ソビエト宇宙飛行士スベトラーナ・サビツカヤが宇宙遊泳を行なった最初の女性になりました。そして約35年後の今、女性の宇宙進出の歴史に、新たな1ページが加わるようになります。

カナダ宇宙庁(CSA)の従業員で、ヒューストンにあるジョンソン宇宙センターにて勤務しているエンジニアのクリステン・ファチオールさんが、地上から女性宇宙飛行士たちを支援します。彼女のツイートでは、興奮した様子が伺えます。

動画を見る

今発見したのですが、私が地上の司令室から、史上初の全員女性宇宙遊泳を支援するんです。興奮をおさえることができません!!!!

The Guardianによりますと、これまで宇宙に行った約500人のうち、女性は11%未満だったのだそうです。そしてこれまでのすべての宇宙遊泳は、男性だけで構成されるチーム、または男女混合チームでした。なのでやっと、全員が女性というチームで宇宙遊泳する機会が訪れたのです。

Image: NASA/Elizabeth Weissinger 地上の担当者らも女性

NASAの広報担当は、CNNに以下のように話しました。

意図的に女性だけのチーム編成にしたわけではないんです。宇宙遊泳は秋に予定されていました。ふたりの女性飛行士に加えて、主任飛行司令官はメアリー・ローレンスで、主任船外活動管制官のジャッキー・ケイジーも女性なのです

専門チャンネルNASA TVでは、3月29日の東部標準時午前6:30に宇宙遊泳の放送を予定しており、その番組は約7時間に及ぶと予想されています。The Guardianいわく、宇宙遊泳の目的は去年の夏に設置された電池を交換することとあります。マクレインとコッチの2名は、2013年に宇宙飛行士に選ばれ、これが初の宇宙遊泳となります。

マクレインは現在、12月に戻ってきた「エクスペディション 58」の乗組員の一員として、ISSに乗船しており、これが彼女の宇宙での初任務となっています。コッチは航空技師として、3月14日に始まる「エクスペディション 59」で飛び立ち、「60」ではニック・ヘイグとロシアのアレクセイ・オヴチニンのふたりが加わります。

このふたりは、去年の10月に失敗したソユーズ発射事故により、パラシュートでの緊急着陸を余儀なくされています。それを踏まえると、今度こそホントに成功してもらいたいですよね。

Source: NASA (1, 2, 3), Twitter, CNN, The Guardian

元の記事を読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月14日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。