実写版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の予告編を見てきたよ。ドクター・エッグマンもがっつり登場!

Image: Paramount

この妙に細マッチョなソニックがどう動いていたのか? 気になりますね。

どこまでホントか、コレジャナイ感100%の、ハリウッド版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』。青いハリネズミが金の輪っかを走って集めるゲームが、どこまで劇場版としてストーリーが成立するのか? そして実際はどんなデザインなのか? 「CinemaCon 2019」にて、パラマウント・ピクチャーズが2本の予告編を公開し、それらの疑問に答えてくれました。

米Gizmodoのルシアー記者がその内容を紹介してくれています。

予告編その1

ジェフ・フォウラー監督による劇場版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』。1本目の予告編は、グリーン・ヒルズという街の道路脇にて、パトカーが1台、交通状況を監視しているところから始まりました。そのとき青い軌跡がスピードガンの前を爆速で通り過ぎ、その数字は760マイル(マッハ1)を記録。映画『X-MEN』シリーズでサイクロップスを演じたジェームズ・マースデン扮する警察官はそれを信じられません。そこでパラマウントのロゴが現れますが、丸く並ぶ星は金のリングになっていました。

カメラは街の通りにズームインし、森を抜けて「すべてのヒーローには創世記がある」という文言が画面に現れます。これはメガドライブの海外版「ジェネシス」に引っ掛けたものですね。そしてカメラは履き古された靴だらけの住処に突入します。道路に戻ると、青いモノがストレッチをしており、それがソニックだとわかります。見た感じは高さ120cmで靴以外の衣服は着用していませんでした。ハッキリとした顔が現れましたが、ルシアー記者的には可愛いようです。そしてソニックはエネルギーを爆発させながらまた走り出すのです。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年4月8日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「実写化」のニュース

次に読みたい関連記事「実写化」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。