YouTube、『バンダースナッチ』のようにストーリーを選べるコンテンツを計画中

Image: Sean Gallup/Getty

後追いですが、どこまで通用するでしょうか?

2018年12月28日に、Netflixに登場したオリジナル映画『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』、みなさんもう見ましたか? あれは主人公が開発するテレビゲームと、彼が住む世界がクロスオーバーし、ストーリーの中の決断を迫られる場面で視聴者がその運命をクリックして選ぶという斬新なものでした。

古くからゲームブックやLDゲームなど、自分で選択しながら進めるコンテンツがありましたが、映像配信サービスでソレをやったのは非常に画期的でした。

YouTubeも真似したい

Bloombergによると、YouTubeも『バンダースナッチ』のようにインタラクティブに楽しめるプログラムを作ろうと、制作チームを結成したのだそうです。彼らはバイラル的にも成功した『バンダースナッチ』に影響を受け、公開の数カ月後に似たようなコンテンツを追い求めるようになったわけです。これにより、YouTubeは更なる視聴数と広告収入を目論んでいる……というのは想像に難くないかと思います。

一応これまでにも、似たようにインタラクティヴなコンテンツはいろいろと作られてきたようです。オリジナル・プログラミング部門の国際部長スザンヌ・ダニエルズが声明文の中で、こうコメントしています。

YouTube社は今、多層的でインタラクティブな物語を生み出すための、驚きの最新ツールと機会を手に入れました


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年4月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュース

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。