スマホを急速充電にする方法

充電は速いのが一番。通勤前もアフターも。

トヨタとMIT、スタンフォード大が共同開発したAIは長期のバッテリー寿命をかなり正確に言い当てられるそうですけど、そんなことより今この目の前の充電スピードを上げねば!というときには、ちょっとしたコツでぴょこんと上げることができます。

充電性能の見分け方

本題の前に原理を少々。端末や電池に入ってくる電力量はワット(W)が単位で、次のような式で求めます。

電力(W:ワット)=電圧(V:ボルト)×電流(A:アンペア)

水道管にたとえると、電圧は水を押し出す力、電流は水の流れ(管の太さ)で、電力はその2つをかけた水量です。充電器の性能表示にはこの3つが目安として使われます。

iPhone XSを例にとると、付属の充電器は5Wだけど、18Wまで対応できるので、もっと充電性能の高い(=電圧と電流が大きな)充電器に乗り換えれば、それだけで充電はスピードアップすることに。

端末にワットを貯め込むのにかかる時間は、いろんな要因で違ってきます。ここでは端末の種類やバッテリーサイズに関係なく応用が効く基本を見ていきますね。

規格は違えど、原理は一緒 Sam Rutherford (Gizmodo US) ワット値を上げると充電スピードは上がる

まず、電子機器には安全に充電できるワット数の最大値ってのがありますので、それに対応する充電器を使えば充電はかなりのスピードアップが期待できます。2017年モデル以降のiPhoneなら同梱の5W充電器ではなく最新iPad Proに同梱の18W充電器を使う、とか(最近のMacRumorsの比較では1時間の充電量に2倍の違いが見られました)。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年5月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。