スマートホームプラットフォームの正しい選び方

Image: Gizmodo US

スマートホーム化...してます?

するつもりもないのに機器が揃って、「あれ?そろそろまとめなきゃダメなんすか?」なとき困るのは、Amazon Alexa、Googleアシスタント(Google Home)、Apple HomeKitの3大プラットフォーム選び!

どれもいろんなメーカーさんの機器を一元管理という、目指すところは同じです。でもどうせなら今あるスマホやタブレット、スマート家電とつなぎたいし…悩みは尽きません。

SamsungのSmartThingsも手堅いプラットフォームなのですけど、音声コマンドは御三家頼みです。それはソニーのMANOMAも同じで、Alexa頼み。ソニーの場合、おそうじや家事のサービスから攻めて日本らしさを出していたりもします。

ベストチョイスは市場や手持ち端末で個人差ありますので、ここでは「ぶっちゃけどこが違うのよ!」「どこが同じなんだ!」という素朴な疑問に絞って比べっこしてみました。

Amazon Alexa: ベストな納得感 Photo: ヤマダユウス型

導入はとっても簡単。Amazon Echoを買って電源プラグを差し込めば、対応機器との接続はアプリを使ってすぐできます。Echo Plusのほうが連携は気持ちラク(Zigbeeハブ内蔵なので、Zigbee対応機器は直接連携できる)だけど、Echo端末なら基本どれを選んでもOKで、スマートホームの操作は思いのままです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年5月23日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュース

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。