新FirefoxはスピードとプライバシーでChromeに挑む

Image: Mozilla

Firefox、再び舞い上がれ!

Mozillaは今週、ブラウザ「Firefox」の新バージョンをリリースしました。そのアピールポイントは、スピードとプライバシー。はたして、Google(グーグル)のChromeに対抗できるのでしょうか?

現在3億人のユーザーを抱え、Chromeの次に人気のブラウザとなったFirefox。2017年のアップデートではスピード向上がアピールされましたが、今回Windows、 Mac、LinuxとAndroid向けにリリースされた「Firefox 67」には、新たなセキュリティとプライバシーツールが搭載されています。

新バージョンの目玉機能は、あまり使っていない機能の優先度を下げ、InstagramやAmazon、Googleなどのメインスクリプトなどの優先度を上げることです。これにより、40~80%の性能向上が期待できます。さらに、空きメモリが400MB以下の場合にはアイドル状態のタブもサスペンドされます。

第三者のテストによれば、FirefoxとChromeのパフォーマンスは同等になったとのこと。これまでスピードで先をいっていたChromeにFirefoxが追いついた、ということですね。さらに新バージョンでは、暗号通貨の不正な発掘やフィンガープリンティングを防いでくれます。

暗号通貨の不正な発掘とは、ユーザーの知りえない形でコンピューターを使用し発掘を行なう攻撃のことで、PCのパフォーマンスとお金(電気代など)を犠牲にしてハッカーに利益をもたらします。またフィンガープリンティングとは、広告業界で用いられるブラウザーを正確に追跡する技術です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年5月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。