OnePlus 7 Proレビュー:OnePlus史上いちばん高いけど、コスパは十分

Photo: Sam Rutherford - Gizmodo US

高くなったぶん、中身も盛りだくさんに。

OnePlusが最新フラッグシップスマホ「OnePlus 7 Pro」を発表しました。OnePlusといえばハイスペックながらシンプルで低価格、というイメージでしたが、OnePlus 7 Proは669ドル(約7万3000円)からと、今までのOnePlusの価格帯より一段高く設定された感じです。果たして中身はそれに見合っていて、ファンはそれを受け入れられるんでしょうか? 米GizmodoのSam Rutherford記者がレビューしています。

ここ数年OnePlusは、余分なものを排除しながらもハイエンドなスペックと硬派なデザインのスマホとして、SamsungやHuaweiといったAndroidスマホ大手を脅かすようになりました。最高のパフォーマンスを競合より何万円も安く提供しようとするOnePlusは、たくさんの人から歓迎されてきました。

でもOnePlus 7 Proは、これまでの路線とはちょっと違います。669ドル(約7万3000円)からとOnePlus史上最高の価格設定で、その分スペックもぜいたくです。ポップアップするセルフィーカメラとか、ノッチのない全面ディスプレイ、背面のトリプルカメラといった華々しい仕様は、今までの「巨人に挑む小さな勇者」みたいな構図にあてはまらない感じがします。「コスパ最高のミッドレンジ」というポジションを切り開いてきたOnePlusですが、あえて高めのフラッグシップを投入してきたのは正解なんでしょうか?


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年5月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。