あれっ、Google謹製タブレットの開発および発売が打ち切りに…

Photo: Alex Cranz/Gizmodo US

えっ、期待してた人もいたのでは?

このところGoogle(グーグル)は、PixelシリーズのスマートフォンやGoogle Homeシリーズのスマートスピーカーなどで、ハードウェアの販売事業でも存在感を高めてきました。昨年は「Pixel Slate」タブレットもリリースし、キーボードをつけるとラップトップになる、iPadやSurfaceシリーズの対抗馬が出現? 大きな問題となり得るのは、その高いお値段くらいかな?

Google謹製のタブレットに対しては、AndroidとChrome OSのいいところを融合した新製品として、期待する向きもありました。そもそも2015年にGoogleが発売した、初代タブレットの「Pixel C」は、OSにAndroidを採用したゆえの、タブレットモードとラップトップモードの切り替えの悪さが課題に。一方、その後にリリースされた、Chromebookシリーズの「Pixelbook」は、タブレットとしての使い勝手もよいと評判だったようです。そして、ついに登場したPixel Slateにより、過去の教訓を活かし、ラップトップとしての使い勝手も抜群の完璧なタブレットの投入が目指されてはいたのですが…。

このほどGoogleは、開発ロードマップから、Pixel Slateの後継機種となる一切のタブレットシリーズを消去。今後はChrome OSを搭載するラップトップに、Googleのハードウェア部門としては注力していく構えで、すでに発売されたPixel Slateに関してはサポートのみを継続するとのスタンスが明らかにされましたよ!


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年6月21日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。