Sign in with AppleをGoogleマネージャーが賞賛「人々をより安全にする」

Image: Apple

はやく使ってみたい。

WWDCにてApple(アップル)が発表した、ランダムなメールアドレスと生体認証を組み合わせたセキュアなログイン技術「Sign in with Apple」。こちらについて、Google(グーグル)の責任者が称賛の声を送っているんです。

Sign in with Appleではランダム生成のメールアドレスを使用することで、サードパーティー側に自分のメールアドレスが知られません。もちろん、Appleもサードパーティー側にユーザーデータを提供することはなく、さらにサービス側からのメール配信は本来のメールアドレスに自動転送してくれる…という便利サービスです。

これについて、Googleでプロダクト・マネージメント・ディレクターを務めるMark Risher氏は、The Vergeのインタビューで「人々をより安全にする」と評価しているのです。

この技術(Sign in with Apple)はインターネットをより良くし、ユーザーをずっとずっと安全にするだろう。もし彼らがサイトにログインする際に競合相手のボタンをクリックしたとしても、それはユーザーネームやパスワードをタイピングしたり、それらを使い回すよりもずっとマシだ。

また、Risher氏は一つの企業がログインを集中的に管理することへの危惧についても、「これは銀行に似てる。自宅の引き出しやマットレスなどあらゆる場所に1ドルを保管するよりも、頑丈な金庫を備えた銀行のほうがよりよいオプションだろう」と語ってるのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年6月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。