米大手スーパー、ウォルマートの激安タブレットレビュー:サブ端末として価格以上に使える

Image: Victoria Song/Gizmodo US

アメリカで安いと言えばウォルマート。

SXSWで訪れた初の海外で、メインのSXSWよりもはしゃいでいたのでは?というくらい編集部が楽しんだウォルマートのガジェットコーナー。米最大手スーパーのウォルマートはなんでもあります。自社ブランドもアパレルから食料品、ペット用品にキャンプ用品と多種多様なジャンルがあります。もちろん家電も。ウォルマートが自社家電ブランドOnnから出した激安タブレット「Onn Android Tablet」、米Gizmodo編集部が3週間使ってみました。その値段、64ドル(約7000円)ですって!

安くて手が出しやすい。それが、64ドルのウォルマートタブレット「Onn Android Tablet」。8インチのこの端末、とにかくやすいヤスイ安い! 安かろう悪かろうとは言いますが、悪いことばかりじゃないはず。たとえば、Amazon Fireだって比較的安価な端末ですが悪くない。誤解を恐れずにいえば、気軽に使い捨てできる位置にあるガジェット。ユーザーが安さに何を求めるか、言い換えれば安さと何を引き換えにできるかが安価端末の鍵となります。

Onn Android Tablet

Image: Victoria Song/Gizmodo US

これは何?:ウォルマート自社ブランドの激安タブレット。
価格:8インチが64ドル(約6,900円)。10インチは80ドル(約8,600円)。
好きなところ:ちゃんと使える。Google Play Storeが使える。
好きじゃないところ:遅い。動画見続けてると熱くなる。無用の長物(ウォルマート関連あれこれ)がついてきてしまう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年6月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュース

次に読みたい関連記事「ノートPC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。