【比較レビュー】Osmo Action vs GoPro HERO 7 Black:強いて言うなら「僅差でGoPro」だけれども

Photo: 武者良太

いろいろ比べてみましたが甲乙つけがたいところ、ありましたね。

2016年に起きた第一次ドローン大戦。DJIお得意の分野で勝負を仕掛けてきたGoProがあっさりを返り討ちにあったことをみなさま、覚えていますか。

あのバチバチを彷彿とさせる新たな戦いがいま、アクションカムの分野で起きています。今度はDJIが「Osmo Action」を引っさげてGoProの主戦場に殴り込んできていますよ。

この手ぶれ補正を見よ。水陸両用アクションカム「Osmo Action」の性能をさっそくチェック

さすが後発なだけあって、ハイエンド機である「GoPro HERO 7 Black」(以下GoPro)のウィークポイントを研究しまくり。一気に寄り切って勝負を決めると思いきや、両者を同じ土俵で比較してみると、そうとは言いきれない気配が漂ってきました。

比べたポイントは、フロントディスプレイの使い勝手・画角・手ぶれ補正などの機能をひっくるめてのアクションカムらしさ・写真撮影性能です。見た目はよく似ている一方で、性能にはちがいがあるOsmo ActionとGoPro、その差は撮れる動画や写真にどう影響するのでしょうか。

フロントディスプレイ勝負:自撮りするなら、Osmo Action Photo: 武者良太

フロントディスプレイを持つ両者ですが、GoProは撮影モードやバッテリー残量などを表示するだけ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年6月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。