ティム・クック、スタンフォード大学卒業式でスピーチ「責任なき主張はない」

Image: Stanford/YouTube

6月16日、日曜日、スタンフォード大学の卒業式にて、Appleのティム・クックCEOがスピーチを贈りました。スタンフォード卒業スピーチといえば、スティーブ・ジョブズの「Stay hungry, stay foolish」が有名ですが、クックCEOのスピーチはAppleの信念を前面にだした内容となりました。

Apple、そしてクックCEOは、プライバシという点で我々は他社とは根本的にスタンスが違うということを常日頃から強調しています。iOS端末は、Googleなどの強豪他社と比べ取得するユーザー情報が少なく、Android端末よりセキュリティも考慮していること。サードパーティにApple IDサインインを提供しさらなるセキュリティ強化に努めていること。ヘイトスピーチは厳しく対応し、誤情報にもアンテナを張っていることなどなど。クック氏が誇るAppleの取り組みは多くあります。今回の卒業スピーチでは、この誇りを少々アグレッシブに表現。ライバルを名指しすることすらないものの、シリコンバレーの他社テック企業が自社のサービスに対して責任を追えていないと批判しました。

人間は作りあげたもので決まる

スピーチ内から、手厳しい箇所をいくつか。

「近年、誇るべきイノベーションを生み出す業界という印象を失いつつあります。責任をとらずに、作り出したものの主張をするばかり」
「毎日起きるデータ漏洩、プライバシ迫害、無知なヘイトスピーチ、世界的対話を邪魔するフェイクニュース、一滴の血と引き換えに起きる嘘の奇跡」
「多くの人が、目的のためには犠牲はしかたないと考えているように思います。しかし、信じようが信じまいが、あなたという人間は、あなたが作りあげたもので決まります。誰かが言わなければならないこの状況に違和感を感じますが、カオスを作り出してしまったなら、そのカオスに対する責任を逃れることはできないのです」


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年6月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら