マルチディスプレイの力をフルに引き出すヒント7つ

Image: Farzad Nazifi/Unsplash

なんて無駄に贅沢なことを!

1台のコンピューターにディスプレイを2台つなげるなんて──これまでマルチディスプレイを経験したことがなければ、そう思うかもしれません。しかし、ディスプレイが1台増えると、生産性がぐんと上昇し、文字通り、目の前に明るい未来が見えてきます。今日は、思い切って2台めのディスプレイをつないでみたあなたのために、その投資を最大限に活かす方法を7つお話しします。

1. メインディスプレイを変えてみる Image: Gizmodo US

メインに使用するディスプレイのことを、メインディスプレイまたはプライマリディスプレイと呼びます。Windowsならタスクバー、macOSならメニューバーのあるところ。設定がデフォルトのままならば、アプリケーションのウィンドウやダイアログボックスが開くところです。ログイン画面もメインディスプレイに現れます。

メインディスプレイは切り替えられます。ディスプレイをどこに置いたとか、どれを先につなげたかとかには関係ありません。メインディスプレイを指定するには、Windowsでは、[設定] を開いて、[システム] から [ディスプレイ] を選択し、メインにしたいディスプレイを選び、[これをメイン ディスプレイにする] と書いてあるボックスをチェックします。

macOSでは、アップルメニューから [システム環境設定] を開き、[ディスプレイ] をクリックし、[配置] タブを選択し、白いメニューバーを今のメインディスプレイから、変更後のメインディスプレイにドラッグするだけ。簡単でしょ?


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年7月22日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。