「DJI Mavic 2 Pro/Zoom」に外付けできるドローン用アナモルフィックレンズ。シネマ空撮待ったなしでしょ

ドローンのレンズ変更には夢があるなぁ。

映画っぽいワイドな映像を撮る方法には、「アナモルフィックレンズ」が昔から使われています。これは映像の横方向をぎゅむっと縮めて撮影できるレンズで、映写時・ポストプロダクションで引き伸ばすことでワイドな比率を確保できるというもの(この比率のことを「シネマスコープサイズ」と呼ぶ)。YouTubeやテレビ番組など、生活で目にする映像のほとんどは16:9の比率ですが、シネマスコープは2:1に近い比率になります。

Image: Kickstarter アナモルフィックレンズの活用イメージ

独特なレンズが引き起こす水平フレアも、我々がよく知るシネマっぽい画のひとつですね。

で、そんなアナモルフィックレンズのスマホ版開発したメーカーMomentが、新たにドローン用アナモルフィックレンズ「Moment Air」を引っさげてKickstarterに帰ってきました。目標額を4時間で達成したってんですから、ニーズがハンパない。

でもこの映像を見れば、むしろドローンで撮りたかったのはこういう画ではなかったかと思わせてくれるはずです。

Moment AirはDJIのハイアマチュアドローン「Mavic 2 Pro」と「Mavic 2 Zoom」専用のアクセサリー。アナモルフィックレンズ、NDを含むフィルター群、スマホに装着するための専用ケースの3アイテムがセットになっています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年7月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。