Google Chromeのシークレットモードは「完全にシークレット」にはまだなれてない

Image: Google

インターネットいたちごっこ。

Google Chromeのシークレットモードは、インターネット上でのプライバシーを保つ機能です。ウェブサイトはユーザーがいつ訪れたのかがわからなくなりますし、ペイウォールを超えられちゃう(対価を払ったユーザーのみアクセスできるコンテンツが閲覧できてしまう)なんてラッキーがあったりもします。

しかしウェブ開発者やパブリッシャーも賢くなってきていて、シークレットモードを検知して警告を出すサイトなんかもあるようです。それに対してGoogleは最近Chrome 76をリリース。シークレットモードがよりシークレットになるようなアップデートが施されています。

ところがすでに、いくつかのサイトでそれを回避するようなアプローチが確認されています。

シークレットモードとわからないようにするアプデ

Chrome 76以前、ウェブサイトはループホール(抜け穴)を利用できました。シークレットモードでは、ユーザーローカルにファイル作成や読み出し書き出しを行なう「FileSystem API」が無効になっていました。ウェブサイト側はFileSystem APIを呼びだすようなコードを仕込み、APIの呼び出しが失敗する=シークレットモードで閲覧している、と認識していたのです。

Chrome 76ではこの点が修正されており、シークレットモードでもFileSystem APIが有効です。つまり、ウェブサイトはそれまでの方法ではユーザーがどんなモードで閲覧しているのか、判別できなくなったのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年8月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。