Google Chromeのシークレットモードは「完全にシークレット」にはまだなれてない

NYTが回避方法を見つけているっぽい

しかし、9to5Googleが指摘しているように、The New York Times(以下NYT)がこの修正を回避する方法を見つけています。NYTをシークレットモードで訪れ月間無料閲覧記事数を超えた場合、ログインして閲覧を継続するよう促すポップアップ通知が表示されるでしょう。NYTが別のループホールを見つけたのかは定かではありませんが、9to5 Googleは「NYTにはChrome 76対策として書かれたソースコードはなかった」と記しています。

まだ抜け道があるのでは…

あるセキュリティ研究者によると、FileSystem APIで利用できる容量に着目することでシークレットモードを判別できる可能性があるとのこと。シークレットモードではFileSystem APIで一時的に利用できるストレージは120MBに制限されています。また別のセキュリティ研究者によって、ノーマルモードで開かれているタブはシークレットモードで開かれているタブよりも書き込み速度が遅いという発見もなされています。

どちらの場合でも、もちろんNYTがやっているような方法でも、Chrome 76での修正は無意味なものとなります。Chrome開発チームはまた最初からやり直さなきゃいけないように見えますが…。

Source: Google, 9to5Google, vikas mishra, Jesse Li

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年8月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら