【詳細なネタバレありレビュー】愛と量子とSFと。劇場アニメ『HELLO WORLD』が描く未来に、シビれ散らしました

Image: (C)2019「HELLO WORLD」製作委員会

主観と観測、物理と無限。繋ぎ止めるはひとえに、ラヴ。

ひたすらに加速し続ける僕らの世界。テクノロジーや文化が前進するとともに、描かれるエンタメもまた変わってきます。特にSF映画なんてその影響や想像力をモロに受けるよなーと思いつつ、だからこそ「そう来たか!」なアイデアや表現に悶えつつ。

伊藤智彦監督が描くオリジナル劇場アニメ『HELLO WORLD』を見てきたのですが、まさに「そう来たか」がふんだんに散りばめられていて、大満足でした。こう、2019年に描きがいのあるSFアニメーションだな、と。しかもそこに10代のラブストーリーもミックスしてる。SFと恋愛。この組み合わせに、僕らは何度心をブルっとさせられてきたことか!

レビュー…の前に本作の概要

伊藤智彦監督は『時をかける少女』『サマーウォーズ』で助監督を、『世紀末オカルト学院』で監督デビューし、直近では『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 』の監督をつとめました。本作の原作は『正解するカド』の野﨑まど、制作会社はグラフィニカ。音楽はOKAMOTO’S、Official髭男dism、Nulbarich、OBKR、Yaffle、STUTS、BRIAN SHINSEKAIからなるスペシャルユニット、2027Sound。

あらすじは以下。

京都に暮らす内気な男子高校生・直実(なおみ:CV.北村匠海)の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミ(CV.松坂桃李)が突然現れる。

ナオミによれば、同級生の瑠璃(るり:CV.浜辺美波)は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。

「頼む、力を貸してくれ。」彼女を救うため、大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。

しかしその中で直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された大いなる秘密を知ることになる。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月25日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。