【火星移住のための新情報】火星は季節によって酸素量が変わります

Image: NASA via Gizmodo US
キュリオシティから見たゲールクレーター

火星移住をしたい皆さんに新情報。

火星の大気中に含まれる酸素の量が、季節によって変動していることがわかりました。NASAの火星探査ローバー「キュリオシティ」が送ってきたデータを分析した結果です。しかし、なぜ変動しているのかはわかっていません。

メタンガスを放出し続けている「なにか」

キュリオシティが火星から送ってくるデータにはこれまでにも「キュリオスな(興味深い)」点がたくさんありました。キュリオシティがゲールクレーターで観測し続けている火星大気中のメタンの量にも定期的な変化がみられていますが、現在解明しているかぎりの環境的要因では説明がつかないそう。ちなみに、メタンは生物の営みに密接に関わっている気体と言われています。

火星の大気圧は地球の150分の1程度なのに加え、表面重力も地球の3分の1なので、大気が宇宙空間へと失われやすい環境。なので火星大気中に放出されたメタンガスも短時間で失われてしまうはずなんですが、それでも常に火星大気中に存在しているということは、なにかが継続してメタンを作りだしているのではないか?と指摘されています。

JAXAによれば、その「なにか」が、果たして火星の地下深くにもぐりこんでいる微生物なのか、それとも無機的な火山活動なのかはまだわからないそう。まだわからないからこそ、いろいろと想像をかきたてられるわけで…。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る 2019年11月22日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。