ISS、稲妻嵐が宇宙に放出する電磁パルスが発するガンマ線と“エルヴ”を観測

Image: DTU Space, ESA, NASA

耳長の種族ではありません。

2018年10月10日の時刻は20時01分。インドネシアのスラウェシ島のすぐ東に発生した雷雲の中で、稲妻が閃きました。当時、国際宇宙ステーション(ISS)はその真上を通過しており、そこには稲妻がガンマ線の閃光を発生させるのを観測する機器が一式揃っていました。

その嵐は同時に、大気の最上層に紫外光と可視光の輝く輪を放射したのでした。

ふたつの現象を同時に捉えた初の試み

今日、科学者たちはこの観測結果を発表していますが、これは「Terrestrial gamma-ray flash(地上ガンマ線フラッシュ)」または略してTGFと、雷雨に関連する大気中の光学現象で、電離層放射の薄暗い円盤である「Elve(エルヴ)」(超高層雷放電)の可視光成分の両方を初めて捉えたものとなっています。

この観測は、雷、嵐によって発生した放射線、大気の頂上における電磁現象の間の関係についての多くの証拠を提示する一方で、気候が生み出す大自然の放射能への好奇心をさらに例示してくれます。

この研究の筆頭著者である、デンマーク工科大学のTorsten Neubert氏が、米Gizmodoに「この嵐の対流圏の中で、私たちは宇宙への扉をノックしています」と語ってくれました。言い換えると、大気の最下層にある嵐が、高度100kmの地球と宇宙の境界に影響を及ぼしている、ということなのです。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。