木製の光ファイバーが実現。生分解で自然に還る

Image: Image: VTT

用済みになったら植木を縛る紐にでもしとけばいいかも?

技術が凄まじい速さで進歩し、同時に昨日までの最新技術がどんどん時代遅れになっていくことを考えると、何世紀にもわたってゴミを埋め立て続けるのではなく、廃棄されたときに分解して生分解する材料から電子機器を開発するほうがよっぽど理に適っていますよね。

そこでフィンランドの研究者たちが、木材から出来た繊維から機能的な光ファイバーを作る方法を発見しました。これなら廃棄すると自ら自然に還ります。

光ファイバー・ケーブルについて

光ファイバー・ケーブルは、現代のデジタル世界ではまだ無名のヒーローである可能性が高いものです。電気信号を伝送する金属製の電線とは異なり、このケーブルにはガラスやプラスチックの細長い糸が入っており、光の波長を何kmも伝送し、データセンターや都市、さらには大陸を接続します。

光の波長は電子を流すのではなく、全反射と呼ばれるプロセスを使って光ファイバー内を伝わっていきます。全反射では、光子(光の粒子)が透明な繊維の内壁で跳ね返り、端から端までの移動の間、内部に閉じ込めたままになります。

木から作るということは

データを最小限の誤差で伝送するためには、こうした繊維が光学的に完全であることが必要であり、木材で作られたものとは完全に逆のように見えます。

しかし、木は完全に不透明ではなく、その厚さ、湿気、およびその他の追加された物質に応じて、光子が木を通り抜けることができるのです。これは木のランプがたくさんあることからも明らかです。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月14日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。