製品化求む! まるで2トンもあるかのように動く超リアルなRCカー

Image: Dimitar Tilev/YouTube

ドリフト時の傾き方も実車ソックリ!

Dimitar Tilevさんの手により、私たちがこれまで見た中で、最高にリアルなラジコン自動車が作られました。そのリアルっぷりは塗装や完璧なディテールではなく、車体の動き。

ボンネットの下には、モーターの回転や加速/減速に応答して、車全体を実車同様に揺れているように見せるサスペンション・システムがあるのです。

3D印刷で作ったオールズモービル

この組み立てにはリアリズムが主な目標のひとつだったため、完成するまでに1年以上かかったのだそうです。

そしてTilevさんはSuper Scaleという自身のブログで、ホイール、タイヤ、構造部品、それに1963年製のオールズモービル「ダイナミック88ワゴン」のボディーを基本として、この車のほとんどが3D印刷されたものだと明かしています。

サーボモーターによるサスペンション

このレプリカの重さは約3.4kgなので、もしサスペンションにただのバネを使っていたなら、加速/減速に反応した縮小版の揺れはあまり現実的にはならなかったでしょう。

そこでこの問題を解決するべく、Tilevさんはミニチュアのバネの代わりに、バネと同じくらい小さなサーボモーターを車体の四隅に配置することで、実車にもよく搭載されるアクティブサスペンションを再現したのでした。

L.A.発祥のローライダーが自動車の前輪をピョンピョン浮かせる、油圧式のハイドロリクス・システム(俗に言う“ハイドロ”)を見たことありますでしょうか? アレに似ていますが、このラジコンで使われるサーボは、もっと微妙な効果を出すために使われています。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月25日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。