さよならGAFAM:Facebookをやめたら超寂しくなった…

Image: Gizmodo US

Facebookをやめるのはツイートを消すような感覚でした。するべきだけどしたくはないこと。消したら予期していなかった悪いことも起こるかもしれない。でもやるしかありません。「削除」のボタンをクリックしました。

アカウントはその場ですぐ削除されたので、びっくりしました。アカウントを削除しようとしたら、Facebookは友達のプロフィール写真を並べて「私がいなくなったら寂しくなるよ」なんて書いて引き止めたりするのかなと思っていましたが、一旦消しても30日以内にFacebookにログインすればまたアカウントを復活できるとだけ教えてくれました。なのでカレンダーに29日後にログインするようにリマインダーをセットしておきました。Facebookを消すというのは、30日後に全ての情報をサーバーから消すって意味ではないようですけど。

Facebookを思い切って消したあとすぐにやったことは、Airbnbのサイトへ行くこと。実はFacebookのアカウントでAirbnbのアカウントを作ったので、これまでずっとやってきたいい貸主の評価が消えてしまうんではないかと心配していたのです。でもログインしようとするとパスワードをお忘れですか? と聞かれメールアドレスを入れるとアクセスできました。Spotifyも同じやり方でした。ただプロフィール写真がなくなっていて名前が消えて8桁の番号になっていたくらいです。私の大好きな英単語遊びのアプリ、Words With Friendsも大丈夫でした。もしかしたらこの先Facebookアカウントを消す人が増えることを予想してこういう会社は他の方法でログインを簡単にできるようにしてあるのかもしれません。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュース

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。