さよならGAFAM:Facebookをやめたら超寂しくなった…

Image: Gizmodo US

Amazon断ちは他のウェブサイトやサービスまで使えなくなりましたが、Facebookは断ちは大丈夫そうです。Dhruvさんが作ってくれたカウンターシステムで、データをどれだけ通信しようとしているか数えられるようになりました。Amazonの時は異常な感じで30万回。そしてFacebookはゆっくりで1万5000回でした。

私の生活からFacebookを切り離すのは、技術的には簡単でした。DhruvさんのIPアドレスブロックもうまくできていたのですが、難しかったのはWhatsApp。人権抑圧国家ではブロックを回避するようにデザインされているアプリなので、接続がうまく行かない場合はすぐに他のサーバーを見つけて繋がるように作られているのです。

楽しみが減る

技術的には簡単でしたが、心理的にはキツい実験でした。友達がどうしてるかを見ていたInstagram。スマホで時間を無駄に使っていたはずだったのに、なくなると寂しかったです。

でもびっくりしたのはFacebookです。やっぱりなくなると寂しかったのです。Facebook断ちの初日は、いきなりキツいハロウィンの日。だって1歳の娘のモンスターズインクのブーのコスチュームの写真を投稿できないからです。(ちなみにコスチュームはAmazon断ちの前にAmazonで買っておきました)そして友達がなんのコスチュームにしたのかを見ることもできません。それぞれにメッセージかメールで聞くしかないのです。メールで聞くって変な感じですよね。私たち一家のモンスターズインクの仮装を見てくれたのは、トリックオアトリートで来た子供達、道ですれ違った人たち、そして私たちの仮装写真を送った親戚のグループメールにいる人たち。それだけ。こういうイベントの時はFacebookを使わないと楽しみが減ってしまうことに気づきました。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュース

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。