「ライカM10モノクローム」は中判フィルムに匹敵するデジタルカメラか?

Image: Leica Camera AG

異端。しかし、これもまた一つの最先端。

モノクロ撮影に特化したデジタルレンジファインダーカメラ「ライカM10モノクローム」が発表されました。

カラーフィルター&ローパスフィルターを“非”搭載。そして動画機能も“非”搭載。つまり、モノクロ写真しか撮れません。

ベースとなっているのは、M型ライカの最新機種「ライカM10」の静音シャッターモデル「ライカM10-P」。ライカ史上最も静かなシャッター音と、ライカロゴ赤バッジなどの装飾がないことが特徴ですが、このライカM10モノクロームではライカM10-Pよりも刻印部分の彩色が抑えられ、さらにミニマルなスタイルとなっています。

また前機種となるモノクロ専用機「ライカMモノクローム(Typ246)」に対してサイズダウン。フィルムのM型ライカと同等の薄さを実現しています。

これは「世界で最もミニマル&エッジーなデジタルカメラ」と呼んでも差し支えのないカメラではないでしょうか。

「カラーフィルターを通さないモノクロ表現」×「4000万画素センサー」の衝撃 Image: Alan Schaller/Leica Camera AG

何よりも注目すべきは、撮れる写真です。

通常のデジタルカメラにおけるモノクロモードは、一度カラー撮影した写真を内部処理でモノクロに変換しているのですが、「M10モノクローム」はそもそもカラーフィルターを搭載していません。これにより写真の解像感は有効画素数以上に鮮明な印象となり、ハイダナミックレンジな美しい諧調表現が可能となっています。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「動画 + アニメ」のおすすめ記事

「動画 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事

「動画 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日のIT記事

キーワード一覧

  1. 動画 アニメ
  2. 動画 ドラマ

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。