映画『マトリックス』のネオが青いピルを飲んだら…のディープフェイク動画が秀逸

Video: Ctrl Shift Space/YouTube via Gizmodo US

映画『マトリックス』のネオが飲んだのは赤いピル。

でも青いピルを飲んでいたら、どうなっていたんでしょう。そんな仮想の世界をディープフェイクで作ってしまった猛者たちがいました。米GizmodoのAndrew Liszewskiのレポートをご覧ください。

「ディープフェイク」が止まらない。

動画などをAIで作り込んで登場人物の顔や体の姿かたちを変えてしまう「ディープフェイク」。

こないだも、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で主役の マイケル・J・フォックスと"ドク"に扮するクリストファー・ロイドを、ディープフェイクでロバート・ダウニー・Jr.とトム・ホランドの顔にすげ替えてみんなを驚愕させていました。

そして、次は1999年のアメリカ映画『Office Space(邦題:リストラ・マン)』の登場人物をキアヌ・リーブスとヒューゴ・ウィーヴィングに仕立てて、ネオが選んだブルーのピルが繰り出す"もしも"の世界を勝手に展開しています。ネオが青いピルを飲んでいたら…こうなっていたのかも?! 面白すぎ。『リストラ・マン』を見たことのない人でも楽しめるつくりです。

ディープフェイクだけじゃない布陣で制作

今回ディープフェイクの威力を発揮させてくれたのは、YouTubeのディープフェイカーとして名高い「Ctrl Shift Face 」と、VFXアーティストクリス・ウメのコラボ。見る者をうならせる出来に仕上げています。ゲイリー・コール扮するイヤーな感じの課長(?)さんビル・ルンバーの顔がエージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)にすげ替えられているだけでなく、ロン・リビングストンがキアヌ顔に。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「マトリックス + 映画」のおすすめ記事

「マトリックス + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「マトリックス」のニュース

次に読みたい関連記事「マトリックス」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月24日の映画記事

キーワード一覧

  1. マトリックス 映画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。