『攻殻機動隊』は未来ではなく現在を切り取ったアニメ。神山健治監督にインタビュー

配信まであと2カ月...待ち遠しすぎる!

Netflix(ネットフリックス)で2020年4月より配信される、『攻殻機動隊』のアニメ新シリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』。今回はその共同監督のひとりであり、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(以下 S.A.C.)』シリーズも手掛けた神山健治監督にインタビューしてきました。

フル3DCGアニメーションになった新作の舞台裏から、『S.A.C.』が制作された2000年代からの変化、そして『攻殻機動隊』でのテクノロジーの扱いなど、たくさん伺ってまいりましたよ!

3DCGになって監督の仕事量はすごく増えた 神山健治監督。代表作は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『東のエデン』『ULTRAMAN』など。 Photo: ギズモード・ジャパン

──『攻殻機動隊 SAC_2045』は『ULTRAMAN』から引き続き、荒牧伸志監督との共同監督の作品ですが、役割分担などはしているのですか?

神山健治(以下、神山):特に決めてはいなくて、すべての工程を2人で同時に見ていく形にしています。「作業をチェックするのは分担して欲しい」との声もスタッフからはあるのですが、それをやっちゃうと2人で意見のズレが出るんじゃないかと思っています。もちろん全部を一緒にやっていても起こることですがね。

ただ、やってるうちに「ここは君に任せるよ」みたいな感じで、自然に分担することは起こります。たとえば『攻殻機動隊 SAC_2045』で、編集は3分の2くらい私が担当して、荒牧監督が残りをやっていますね。『ULTRAMAN』の編集はだいたい荒牧監督がやっていました。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。