ソニーのカメラを操るリモコン、誰でも開発できるようになりました

Photo: Gizmodo US

どんなアイディア商品が生まれるかな?

ソニーは自社のデジタルカメラ向けに、カメラの遠隔操作ツールをサードパーティーが開発できるようにソフトウェア開発キットを公開すると発表しました。

これまで、αシリーズのカメラの遠隔操作は純正のデスクトップアプリケーションを利用する必要がありました。しかしSDKが配布されることにより、他の企業が独自のツールを開発できるようになります。例えばリモートでカメラ設定を変更したり、シャッターを切ったり、フレーミングやフォーカスのモニターなどができるようになるはずです。

このようなSDK(ダウンロードはこちらから)は普通のカメラファンというよりも、スタジオ撮影などで役立ちます。手が届かないような場所にカメラを設置したり、あるいは撮影の都合でカメラを1mmも動かしたくないようなシチュエーションでは、遠隔操作が必要なのです。

ソニーが指摘してるように、このSDKはキヤノンやニコンが幅を利かせているスポーツフォトグラフィー分野にて役立つはずです。フィールドの中央にぶら下げられているケーブルカメラなどが、その例ですね。このようなケースでは、SDKによるカスタムハードウェアとソフトウェアの融合が必要となります。

現在、このSDKがサポートするのはα 7R IVとα 9 IIだけです。しかしソニーは、将来的にサポート対象機器を増やし、また新モデルにおいてもSDKをアップデートし対応させると伝えています。

Source: Gizmodo US

元の記事を読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。