国連「どこの国も例外なく、気候変動によって子供たちの生命と環境が危機にさらされている」

Image: Piyaset/Shutterstock

子供たちは社会の宝物のはずなのに、わたしたち大人は行動が伴っていると胸を張って言えるでしょうか。

世界中で子供たちが「リーダーたちの気候変動政策が不十分なせいで自分たちの未来がリスクにさらされている」と主張しています。新たな研究結果によると、どうやら子供たちは正しかったようです。

安全な国はどこにもなく、格差は広がるばかり

英医学誌Lancetの報告書は、気候危機や環境破壊、戦争、不平等、略奪的なマーケティングから子供たちを守ろうとしている国は、世界中どこを探してもひとつもないと結論づけています。

Lancet、世界保健機関(WHO)、国連児童基金(UNICEF|ユニセフ)によって招かれた40人の専門家が180カ国のデータを分析した結果、すべての国において子供たちの健康と福祉が脅威にさらされているとのこと。

生態系や存続の脅威をいくつか評価したところ、二酸化炭素排出量の多い国の子供がもっとも健康的で、排出量の少ない国の子供がもっとも深刻な影響を受けていることがわかったそうです。これは、温暖化にあまり加担していない貧困国が最悪の影響を受けることでさらに不平等が助長されるという、気候危機の全体像を表しているといえます。

研究の共同代表でもあるセネガルのAwa Coll-Seck保健相は、「20億人以上の人々が、人道危機、紛争、自然災害によって開発が妨げられている国に住んでいて、これらの問題はますます気候変動と結びついてきています」と述べています。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。