スマート水田を期にIoTで地方創生に挑む教授「IoTをペンやハサミのように」

Image: Mugendai(無限大)

熱き志。

「モノのインターネット」と呼ばれ、次代を担う技術と期待されるIoT。現在、このIoTが日本の地方創生の場に、しっかりと根を下ろし始めているようです。

IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)にて、「IoT×地方創生」の壮大なプロジェクトが紹介されていました。

自然環境をモニタリング。「IoTを、ペンやハサミのようにしたい」の真意とは

ロングインタビューに登場していたのは、東京電機大学准教授の松井加奈絵さん。松井さんが率いているのが、IoTを活用し、地域特有のソリューションをプラットフォーム化して横展開するプロジェクト、「Digital Village Platform(デジタル・ヴィレッジ・プラットフォーム、以下DVP)」です。

DVPが始まったきっかけは、2018年。京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)が主催した、IoTネットワークを活用する学生向けコンテストにて、松井さんの研究室に所属していた学生が「格安スマート水田でIoT導入を手軽に実現」という、水田の水位管理システムで優秀賞を獲得したこと。

普通は「賞を取った」で終わるところですが、あれよあれよという間に実現へと動き出し、現在、長野県小谷村にてKCCS系列企業と共同で実証実験を行なっているそう。

具体的には、確認が大変な棚田の水位をセンサデータからモニタリングできるしくみや、気温、湿度、獣害通知システムなど、地域住民の生活が向上するソリューションの開発を試みているといいます。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月30日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。