数字で推測。Apple Siliconってどれくらいパワフルなの?

Image: Apple

先日のWWDCで、Appleはラップトップとデスクトップを含むコンピュータ製品全般に独自のプロセッサ「Apple Silicon(アップル シリコン)」 を使用していくことを公式に発表しましたね。

以前からその噂はちらほら聞こえてきていたので、驚愕の発表とまではいきませんでした。しかしAppleの公式発表により、A12Z Bionicコンピュータプロセッサの存在が公にされたことはシンプルに喜ぶべきことです。

プロセッサの仕様は謎のまま

いっぽう、WWDCでAppleが明らかにしなかったのはその仕様ですよね。コア数もわからない、クロック周波数もわからない、消費電力もわかっていません。でも、チラ見させてくれたmacOSの次世代となる Big Sur上の「 Rosetta 2」で動く『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』はいい感じで動作しているように見えました。実際のところは一体どんな感じになるのでしょう? それが疑問です。

最近のうわさによれば、12コアというのが有力な線かもしれません。パフォーマンスの高い8コアで重いタスクをこなしつつ、エネルギー効率の高い4コアで小さなタスクを同時にこなす、それが全て5nmプロセスで作られたプロセッサに載っているという噂です。

少なくともAppleは、これから搭載されるプロセッサ群は2020のiPadにすでに搭載されているA12Zをベースにすることを明らかにしています。(4つのパフォーマンスコアと4つの効率コアを併せ持つハイブリッド CPUです)だから、ラップトップやデスクトップ製品にも、ハイブリッドコアテクノロジーを採用するだろうと考えるのが合理的でしょう。 また、A12ZはARMアーキテクチャをベースとしたプロセッサでもあります。 ということは、Apple SiliconはIntelやAMDのCPUとは違った形で情報を処理するということです。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月26日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。