PCの自作に欠かせない電源ユニットの「変換効率」ってなんなの?

Image: Joanna Nelius (Gizmodo US)

自作PCの世界では、電源ユニット(PSU)は、地味ながら実はとても大切なパーツです。

パーツすべてに給電し正しく動作する電力を計算するのは、たいてい自作パーツ選びの最終段階。しかも、いちばん面倒です。各パーツの消費電力はさまざまで、PCが大型で高速になるほど必要な電力も増えます。最新のCPUであるIntel Core i9-10900Kは、それだけで250W以上の電力を食い、Nvidia (エヌビディア) のグラフィックスカードRTX 2080 Tiも同じくらい大食いです。システムが大食いなら当然、必要な電源供給ユニット(PSU)も大きくなります。では、どのくらい大きくなるのでしょうか。あるいは、計算の上で必要なPSUよりもっと大きくしたい場合は、どうすればいいのでしょうか。電源は、自作PCの他のパーツと違って、基本的に大きいほど高性能です。必要な電源の大きさを求める方法をご紹介しましょう。

でも、ちょっと待って。Amazon(アマゾン)やPCパーツ通販サイトを調べ始める前に、知っておきたい基本を確認しておきましょう。押さえておきたい基本は2つ。ワット数と変換効率です。

「ワット数」はわかりますね。PSUが100%負荷率のときに供給できる最大電力のことです。自作PCで500Wの電力が必要なら、500WのPSUを選びます。ただし、PCで必要とされるより若干大きめのPSUを選ぶほうがいいかもしれません。常にPSUの負荷めいっぱいで動かしていると、特に変換効率が高くない場合には、PSUの寿命が短くなるからです。


あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月4日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。