これなんてディストピア? ペッパー君とロボ犬軍団が無人の観客席で応援ダンスを披露

       
Image: Impress Watch/YouTube

たしかに、人間の代わりを務めるのがロボットの役目ではあります。

7月7日の夜、福岡ソフトバンクホークス対東北楽天ゴールデンイーグルス戦にて、観客のいないスタンドに犬型ロボ「Spot」と人型ロボ「Pepper」がズラズラっと並び、球団歌「いざゆけ若鷹軍団」に合わせたダンスを披露しました。

動画を見る
世の終わりを感じた人々

これはコロナ禍で行われた無観客試合を、いかに盛り上げるかという工夫なのですが…このツイートに続くコメントは「怖い」、「不気味」、「気持ち悪い」、「修羅の國」、という人間の本能に忠実な意見が多くを占め、ときには「(SFドラマの)ウエストワールド感ぱない」、「テレビの前で家族で爆笑しました」といった感想も並んでいます。

7回裏のメカ応援団

ホークスの公式ページによりますと、このパフォーマンスは2020年7月7日から31日までの間、福岡PayPayドームで開催するホームゲームの7回裏ラッキーセブンの攻撃時になると、Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)社の犬型ロボ「Spot」と、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」が客席に並び、球団歌「いざゆけ若鷹軍団」に合わせて踊ることになったのだそうです。

事前に情報を知っていない状態でテレビを見れば、ド肝を抜かれますね。ではその全貌を、高画質の動画でご覧ください。

800万円の「Spot」が20匹も!

笑顔のペッパー君とお尻フリフリのSpot。ある意味可愛い気もしますが、機械的で無機質なのが「不気味」と言われる所以かなぁと感じます。やっぱついつい、大勢のファンの熱気と、公式パフォーマンスチームのハニーズが華やかに踊っていた時と比較しちゃうと…ねぇ?

残り15試合で見慣れるようになるか?

このロボット応援団は、他にも5回裏終了後に「ウーハーダンス」、ホークスの選手がヒットを打ったらペッパー軍団が身振り手振りで喜び、ホームランが出たら「熱男ポーズ」を披露するとのことです。残り15試合で、それらのパフォーマンスもチェックしてみましょう。

Source: Twitter, Soft Bank HAWKS (1, 2), YouTube via ケータイ Watch

元の記事を読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月8日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。