速そうというか強そう。ウルトラマンデザインのeバイク

       
Image: Superstrata Bike

赤と銀と黒のコントラストがマジ強そう。

先日お伝えした「1日経たずに1億円突破。ユーザーの体型ピッタリのカーボンフレームを3Dプリント「Superstrata Bike」」のスポーツサイクル&電動アシスト自転車「Superstrata Bike」。気がついたら支援額が6億円を超えていてマジ尋常じゃない。大人気すぎます。

シートチューブがない、ケーブルの露出も最低限、ライトやバッテリーもまったく目立ずにインストールしているフレームは、ユーザーの体型・乗り方漕ぎ方に合わせてのオーダー3Dプリント。この新しさカッコよさに世界がどよめいたのでしょう。

そんなSuperstrata Bikeのカラバリが増えました。

Image: Superstrata Bike Image: Superstrata Bike

基本カラーのブラック/モス/インディゴ/ライム/フロスト/ストーン/ファイアのほかに、+249ドルでド派手で美しいレッドとブルーグリーンのプレミアムカラー2色を追加。

Image: Superstrata Bike

さらに+299ドルで、初代ウルトラマンを彷彿とさせる赤✕シルバーのツートンフレームが選べます。

Image: Superstrata Bike

シートチューブがないことで、クラウチングスタートの姿勢のようにも見えてくるSuperstrata Bike。メタリックだけどマットな輝きの塗装がマッチョさをさらに高めているかのよう。

Image: Superstrata Bike

現在の価格は電動アシストのSuperstrata Eが1,999ドル(約21万円)、人力仕様のSuperstrata Cが1,499ドル(約16万円)。前回の記事のときより200ドルアップしていますね。これはクラウドファンディングのビジネス上、仕方ないといえますが、いままでにポチった方なら追加カラーをもっぺんポチってもいいかも。

Source: Indiegogo , Superstrata

元の記事を読む

あわせて読みたい

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月7日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。