M1搭載で別人に生まれ変わってしまった新型MacBook Air #AppleEvent

Image: Apple

あれこれ何倍にもなって、ファンレスになってお値段据え置きって。

WWDC 2020で、Apple(アップル)はその全コンピューターをカスタムデザインのARMベースプロセッサ・Apple Siliconに移行すると発表しました。そして今、Appleはついに新チップ・M1搭載のコンピューターを世にだそうとしています。そんな今日発表されたコンピューターのひとつが、新MacBook Airです。

Macのために作られたチップ、M1

Macのためだけに設計されたSoC(システムオンチップ)のM1は、パソコン用チップとしては初めて5nmプロセスで作られていて、160億ものトランジスタが詰まっています。M1に搭載されたCPUは4つの高性能コアと4つの高効率コアの計8コアの設計で、スピードと効率のバランスを取っています。

Image: Apple

Appleいわく、M1のパフォーマンスはハイエンドなWindowsノートPCの2倍、消費電力あたりのパフォーマンスでは3倍にも達します。内蔵GPUも最大8コアで、他の内蔵GPU搭載ノートPCの2倍のパフォーマンスを実現しているとのこと。またセキュリティチップのSecure Enclaveと、16コアのニューラルエンジンも入ってます。

OSやアプリもM1用に最適化

ソフトウェア面では、macOS Big SurはM1チップに最適化することでより速く効率よく動作するように作られています。なのでたとえばスリープからの復帰が一瞬でできたり、SafariでのJavaスクリプトのパフォーマンスも1.5倍になったりと、日々の何気ない動きまですべてが高速化しそうです。またM1上の異なるコンポーネント間でより多くのメモリが共有されるため、新MacBookのGPUは競合するWindowsノートPCより多くのリソースにアクセス可能で、それが高いパフォーマンスにつながってるんですね。


当時の記事を読む

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月11日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。