脱獄必要なし。Root化済みiPhoneが出荷開始

image:Apple

セキュリティ研究のために

Apple(アップル)がRoot(ルート)化されたiPhoneの出荷を開始しました。とはいえこれは悪意あるハッカー向けではなく、セキュリティ研究者を対象にしたものです。

実はアップル、今年はじめにiOSの脆弱性を発見するためのプログラム「Apple Security Research Device Program」を公開していました。このプログラムでは、Root化されたiPhoneが研究者に提供されます。

このRoot化されたiPhoneでは、OSのルートへのアクセスが可能です。これにより、セキュリティ関連を含むOSのコア機能を簡単に分析することが可能になるのです。また、シェルへとアクセスしたり任意のツールを実行したり、権限を選択することもできます。

アップルによると、もし研究者が脆弱性を見つけた場合にはアップルに報告する必要があります。またその際には、Apple Security Bountyをつうじて報酬が提供されます。

Root化といえば脱獄でその言葉を知った方も多いと思いますが、このようにセキュリティ研究で使うこともできるんですね。

Source: Apple via 9to5Mac

元の記事を読む

当時の記事を読む

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Apple」に関する記事

「Apple」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Apple」の記事

次に読みたい「Apple」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月24日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。