NASAの木星探査機「ジュノー」、衛星ガニメデに接近する

ガニメデ(手前)と磁場のコンセプト図 Illustration: NASA/ESA

2016年から木星の軌道にいるNASAの探査機「ジュノー」が、現地時間の6月7日(月)午後1時35分木星の衛星ガニメデに接近しました。氷の多い衛星の組成と磁場を観測することが目的です。

サン・アントニオにあるサウスウエスト研究所のジュノー主任調査員Scott Bolton氏は、NASAのプレスリリースで「ジュノーはこれまで不可能だった方法でガニメデを観測できる高感度な機器を載せています」と述べています。「非常に近くを飛ぶことで、我々のユニークなセンサーが将来のミッションへの補足と、木星系への次世代ミッションの準備の手伝いを兼ねて、ガニメデの探査を21世紀にもたらします」とのこと。

木星とその衛星(上から下で)イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト Image: NASA

2011年に打ち上げられたジュノー探査機は、太陽系最大のガス惑星である木星の組成とその進化、および謎めいた衛星たちへの理解を深めるべく探査を行っています。今回のフライバイでは、ガニメデの謎を解明するために木星観測用に設計された機器を活用。同探査機に搭載されているマイクロ波放射計は通常、木星の大気(深さ560km近くまで)の動きと構造に注視していますが、水星ほどの大きさの衛星ガニメデを凝視して氷でできた地殻で何が起きているか観測します。NASAのリリースでBolton氏は、ガニメデの表面には明るいと暗い領域があって、氷の一部はただの水が凍ったものだけではないかもしれないと指摘しています。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク