子どもに『スマホ脳』は難しい? だったら映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』を見せてみてよ

Image: © 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

かわいい外見に騙されてはいけない。これは子ども版『スマホ脳』だ。

今の子どもは生まれる前からスマホに慣れ親しむ時代です。胎教に良いアプリや寝かしつけアプリ、予防接種管理アプリ、子どもの発達が気になれば支援に役立つアプリだってあります。それがいけないとか、スマホを使うのは親の怠慢だとか言いたいわけではありません。私も大いに使いましたから。

でも、子どもがスマホを手放さなくなったくらいから、心配になるんです。「このままで良いんだろうか…」って。といっても、スマホ中毒の危険性を理解させようと幼稚園児や小学校低学年の子どもに『スマホ脳』を読ませたり、Netflixの『監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影』を見せても理解できないでしょう。そこで、10月22日に公開されるディズニー配給の映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の出番です。

ストーリー:スマホよりもハイテクな機能を兼ね備え、ビッグデータから友達のマッチングまでしてくれるロボット「Bボット」をひとり一台所有する近未来。バーニーは誕生日にBボットの「ロン」を与えられるが、そのBボットは故障しており、プログラム通りに機能しなかった。命令しても暴走するBボットに振り回される日々を送るバーニーだが、やがて友情が芽生え始める。ところがBボットを開発/販売するバブル社は指示通りに動かないバーニーのBボットを危険だとみなし、廃棄にかかる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク