AdobeのPhotoshopとIllustratorがブラウザ対応するってよ

ブラウザに表示された編集画面 Image: Adobe

アフターコロナって感じがする!

Adobe MAX 2021で、IllustratorとPhotoshopの機能の一部をWebに拡張することが発表されました。

ブラウザで簡易編集ができる機能自体は、Photoshop Express Editorなど前例がありますが(現在はSparkに統合)、今回の発表のポイントはWeb上で共同作業ができるようになる点。

フィードバックしている様子 Image: Adobe

チームメイトにファイルをリンク共有でき、送られた方はリンクを開くだけで作業中の作品をレビューをしたり、フィードバックを送ったり、軽めの編集もできます。リンク共有された側はアプリのダウンロードも、Creative Cloudのメンバーシップも必要ありません。

他のチームメンバーから送られたコメントなどは、制作者のデスクトップ版やアプリに直接届きます。Adobeはグローバルで450人のデザインチームが実地テストを行ったそうで「Adobe IllustratorとAdobe Photoshopの機能の一部をWebに拡張することで、制作のプロセスをよりオープンに、ビジョンをより効率的に共有できます。さらに、プロセス全体から非効率的な雑用を一挙に排除できます」と自信満々。

Illustrator Image: Adobe

現在Webデザインの現場でよく使われているFigmaもWeb上で共同作業ができますが、本格的に作業する人にとっては、Webよりも安定するアプリのほうが使い勝手がいいという話もよく聞きます。Chromeが重くなって、うまく動いてくれなかったら意味がありませんからね。Adobeはこの問題にどう対応するのでしょうか?


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク