自己責任! Nintendo Switch Liteをワイヤレス充電対応にDIYした

Image: Robotanv/YouTube

繰り返します、自己責任で。

自分でやる勇気(と技術)があるかは別として、見ていて楽しいDIY動画。好き。YouTubuチャンネルRobotanvが公開した「Nintendo Switch Liteをワイヤレス充電に対応させてみた」。たったの14ドル(約1600円)でできちゃうことに驚きました。

ちょちょっとハックしちゃうのすごいなと思ったら、Robotanvはいろんなガジェットをワイヤレス充電化させるのが得意なチャンネルでした。なんと、2012年にiPhone 4sもワイヤレス充電対応にしていたという強者! となれば、Nintendo Switch Liteのハックはお手の物でしょうね。

Nintendo Switch Liteの充電はUSB-Cなので、これで使えるQi規格のワイヤレスレ充電シーバーを探すのは比較的簡単。RobotanvはMyMaxという14ドルの安価レシーバーを使用しており、ワイヤレスハック用に購入したのこれだけ。レシーバーのUSB-Cケーブルをそいでワイヤー剥き出しにして、充電コイルも取り出して、Switchのバックパネル開けて、内部に取り付けて…。手慣れたもんです。

YouTubeのコメント欄では、内部にパーツを加えることでエアフローに問題はないのか?端末は熱くならないか?という質問が飛んでいますが、ワイヤレスハック完了後も問題なく動いているとのこと。ただ、充電後はやっぱりちょっと熱くなるようで、冷却タイムは必要だそう。ちなみに、このハックによるワイヤレスでのフル充電にかかる時間は3時間。まぁ、ワイヤレス充電化で便利にするのが狙いではなく、やってみることがゴールなのでね。

最後にもう1度、楽しいDIYは自己責任!

Source: YouTube

元の記事を読む

編集部おすすめ

当時の記事を読む

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ロボット」に関する記事

「ロボット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ロボット」の記事

次に読みたい「ロボット」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク