フルサイズミラーレスのニューベーシック。ソニー「α7 IV」は3300万画素で4K60pもカバーする

Image: Sony | Camera Channel/YouTube

α7 IIIと比較して、大幅なアップデートとなりました。

ソニーのフルサイズミラーレス「α7 IV」が発表されました。ベーシックモデルですが、その性能はこいつでいい、これがいいと思えるものですよ。

α1やα7S IIIのいいところどり

カメラとしてもっとも重要なセンサーは3300万画素CMOSセンサーとなり、写真の記録画素数は7008×4672ピクセル。解像感が1段アップしましたね。被写体のニュアンスも隅々まで捉える力を持っています。

AFはα1のアルゴリズムを導入し、AFポイントは759。ピントが合わないシチュエーションってないんじゃないかって思えるくらい、確実に被写体にフォーカスします。

光学式手ブレ補正も、 α7S IIIと同じ5.5段にアップしました。また電子手ブレ補正のアクティブモードも搭載。歩きながらの動画撮影でも、ジンバルいらないかも。

Image: YouTube

横展開型のバリアングルモニタも搭載しています。マルチタッチ対応で、自撮りしているときでも設定操作が簡単に。

Image: YouTube

動画撮影は4K60p 4:2:2 10bitに対応。最大ビットレートは600Mbps。フルHDであれば120pでも撮れます。センサーの熱を効率よく排出するクーリングシステムも搭載。熱暴走を気にせずに撮り続けられるのでしょう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ギズモード・ジャパンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「YouTube」に関する記事

「YouTube」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「YouTube」の記事

次に読みたい「YouTube」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク