【タイ】犯人像の絞り込み、決めつけは時期尚早ー米国政府指摘

【タイ】犯人像の絞り込み、決めつけは時期尚早ー米国政府指摘
チャオプラヤー川よりホテル群を望む。川の交通は、タイ庶民の重要な足になっているとともに、バンコクを川から見る観光スポットとして多くの観光客を引きつけている。(そむちゃい吉田撮影)
 2015年8月18日、昨夜のラーチャプラソン交差点で多数の死傷者を出した爆破事件に続いて、きょう昼過ぎにも爆破事件が起きるなど、にわかに不安な空気に包まれつつあるバンコクだが、アメリカ政府は現時点で、具体的な犯人像を絞り込んだり、決めつけるようなことは時期尚早であるとの見解を示した。

その他の写真:観光客も多く訪れるエラワン祠。中央の祠には梵天様(タイ語でプラ・プロム・シーナー)が安置されていて、参拝客が絶えない。(そむちゃい吉田撮影)

 18日午後1時頃、高架鉄道BTSサパーンタクシン駅下、チャオプラヤー川桟橋の近くで起きた爆発は、橋の上から誰かが投げ入れたとの目撃情報が寄せられている。

 これより前、ラーチャプラソン交差点での爆破では、エラワン廟にカバンを置いたまま立ち去った不審人物が映った映像が公開されていた。それを受けて、タイ軍政プラユット首相は、映像が不鮮明なので何とも言えないとしながらも、犯行については、政治的に対立するグループ、すなわちタクシン派によるものだとも受け取れる発言をしてした。

 こうした首相やタイ警察の動きに対して、アメリカ政府からは現時点で犯人像を決めつけるようなことは時期尚早であり、決めつける事無く、すべての可能性について捜査されなければならないとの見解を明かした。

 2度目の爆発があったタクシン橋には、観光客も多く利用するチャオプラヤーエクスプレスや、渡し船の桟橋もあり、昨夜同様に観光客を含む無差別テロとの見方が大勢を占めている。

 また、昨夜の爆破事件後バンコクのホテルには、多くのキャンセルが相次いでおり、早くも観光業への打撃が心配されている。
【翻訳/編集:そむちゃい吉田】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2015年8月18日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら