【ベトナム鉄道】ハノイから中国国境の街・ラオカイへの夜行寝台列車

【ベトナム鉄道】ハノイから中国国境の街・ラオカイへの夜行寝台列車
ビクトリア・エクスプレス・トレイン(客室担当はもちろんアオザイ)旅情があふれる鉄道の旅。ベッドマットも、線路との相性が抜群。
 2015年9月3日、日本では姿を消しつつある夜行寝台列車、ベトナムでは健在だ。

その他の写真:ビクトリア・エクスプレス・トレイン(ドアの前では、冷たいおしぼりのサービス)

 ハノイを22時に出発したビクトリア・エクスプレス・トレインを連結した列車は、朝6時30分中国国境の街・北部のラオカイに到着した。ビクトリア・エクスプレス・トレインは、サパの高原リゾートホテルが、宿泊者専用に運行している車両で、ウッド調の客室は落ち着く。

 アジアの鉄道に詳しい戎光祥出版の小関秀彦さんは「ベトナムの鉄道は、首都ハノイを中心に全国の主要都市を結ぶ路線網(約2,600km)が展開されていますが、21世紀初頭までは鉄道よりも道路に資金が投じられていたため、鉄道の輸送シェアは長らく低迷していました。

 近年、ベトナム政府も鉄道の重要性を再認識するようになり、鉄道施設・インフラの所有と営業・運営を分離する「上下分離方式」を採用、輸送改善を進めています。

 「ビクトリア・エクスプレス・トレイン」も上下分離方式によって登場した列車で、ハノイ~ラオカイ間で運転される距離列車に連結される3両の客車のみが該当します。

 この列車には複数の会社が運営する客車が連結されており、それぞれが線路や施設の使用料を払って、旅客サービスを運営しています。

 制度の変革により輸送を改善しようという流れはヨーロッパから起こっていますが、その波は東南アジアにも達しているのです。

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2015年9月9日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら