【タイ】ドイツ料理とタイ料理が楽しめる店が増えているバンコク

【タイ】ドイツ料理とタイ料理が楽しめる店が増えているバンコク
ビールだけでなくソーセージもおいしいのがドイツ料理店の魅力。タイ人はドイツ料理の代表は豚足のから揚げだと思っているようである。(高田胤臣 撮影)
 2015年9月9日、観光旅行先としてタイは世界中から支持されている。そのため、世界各国の料理が楽しめるのもまた魅力である。

その他の写真:プラカノン通りの店はホームメイドケーキも置いてあった。

 最近はバンコクでも徐々にドイツ料理が楽しめる店が増えてきている。以前からパタヤなどのビーチリゾートにドイツ人が多い傾向があり、その辺りにはドイツ料理とタイ料理の両方を提供するバー・レストランが少なくなかった。それがこのところバンコクでもよく見かけるようになった。

 プラカノン通りの「71 Cofee & More」やシーナカリン通りの「The Witch Restaurant & Pub」などは外観はドイツ料理店のようには見えない、ごく普通の店構えをしている。こういった店が多くなった気がする。

 ドイツ料理店が楽しいのはビールの種類が豊富だからだ。タイのビールといえばシンハービールが世界的に有名で、1933年にドイツの技術で造られた、タイ王室に唯一認められた銘柄とされる。

 日本のスーパードライや一番搾りもタイ生産品が出ているが、たまにはほかの国のビールも飲みたいとなったときに重宝できる。

 本格ドイツ料理のレストランもバンコク市内にはあるが、こういったパブ・レストランの方が値段が若干安いのもまた魅力である。

【執筆:高田胤臣】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2015年9月9日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら