【タイ】タイで最初と言われる九州料理店がひっそりと復活した

【タイ】タイで最初と言われる九州料理店がひっそりと復活した
九州は熊本名物の「からしレンコン」など、バンコク都内のほかの店ではなかなか見られない料理も多い。(高田胤臣 撮影)
 2015年10月22日、バンコク都と福岡県は日本で3つしかないタイの自治体との姉妹都市のひとつで、非常に関係が深い。他は埼玉県秩父市とヤソトーン県ヤソトーン市、富山県魚津市とチェンマイ県チェンマイ市だ。

その他の写真:山芋の料理は食感と味わいのダブルの刺激で箸が進む。芋焼酎にもぴったりでおいしい。

 バンコクと福岡は2006年から姉妹都市の関係になり、他の二つが1990年代後半からなのと比べると多少日は浅いが、バンコク青少年派遣プログラムなどで積極的に交流しているようである。

 食の分野でも8年ほど前に、日本人の若い料理人が開いた「九州台所よかよか」がタイで初めての九州料理店と言われている。しかし当時の在住日本人らで賑わってはいたが、大人気とはならず閉店し、その後、似たような店が登場するもインパクトは薄かった。

 そんな中、日本人があまりいないエリアであるソイ・ルアムルディーに同じ店名の九州料理店が今年オープンした。店員に話を聞くと、オーナーはタイ人だが、料理長はかつて九州料理店をしていた日本人だと言う。アルコール類も豊富で、メニューも当時「よかよか」にあったのと同じようなものも多かった。

 

【執筆:高田胤臣】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2015年10月22日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら