【タイ】タイのH&Mは高級志向?

【タイ】タイのH&Mは高級志向?
「H&M」は値段的に見ると、タイ国内では決して低価格ブランドとは言えない。そのため、客層も中流の上の層から富裕層になる。(高田胤臣 撮影)
 2015年10月22日、日本でも低価格でありながらファッション性が高いということで若者を中心に人気のブランド「H&M」。

その他の写真:サイアム・パラゴン・デパート内にある「H&M」は2フロアに渡って展開している。

 1947年創立のスウェーデン系のアパレルメーカーが1964年に海外進出して以来、世界各国で展開し、日本には2008年に登場。タイには2012年に1号店が、エイチ・タイ社によるフランチャイズで営業開始している。

 タイ国内ではすでに大きな商業施設にはいくつか店舗があり、同様にタイに進出済みの日本のアパレルで有名な「ユニクロ」と肩を並べる勢いとなっている。これらの低価格アパレルメーカーの進出はタイ人のファッションセンスにも大きな影響を与え、街中を歩く若者の服装はまるで欧米や日本のような雰囲気になっている。タイは中華系タイ人も多いため、ぱっと見では日本人を区別がつかなくなるような外見の人も出てきている。

 ただ、こういった日本では低価格ブランドのイメージがある「H&M」などだが、物価指数から判断すると、タイ国内では決して安い服とは言えない。

 タイではいまだに服飾市場や個人経営の小さな洋服販売店が多く、ノーブランドではあるものの100バーツ台から服が買えてしまう。タイ人は雑誌やテレビなどの影響をあまり受けない人が多く、小さな洋服販売店でも経営が成り立つ。

 そういった店と比べると「H&M」や「ユニクロ」はまだまだ割高で、こういった店で服を買う層は中流から富裕層になる。

 価格を日本円に換算すると日本とほとんど同じ価格帯ではあるが、国によってブランドの見え方もずいぶんと変わってくるようである。
【執筆:高田胤臣】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2015年10月22日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら