【タイ】日本人オーナーのクレープ・チェーンがタイ人に人気

 2015年12月22日、和食ブームのタイでは日本料理店が乱立している。タイ人も和食の味に慣れており、様々な店に足を運んでは日本の文化を舌で堪能している。

その他の写真:店舗もシンプルで、基本的にはテイクアウトのみ。値段も安くて、中高生のお小遣いでも買えるレベルだ。

 これだけ和食店が増加してくると、必然的になにかに特化した料理店も出てきて、人気になってくる。例えばらーめんなどがそうで、バンコクには日本のラーメン店が数え切れないほど登場している。

 それから、スイーツも徐々に注目を浴び始めている。日本のスイーツと言えば和菓子などがある。タイの菓子類にもあんこを使ったものがたくさんあるので馴染みやすくはあるが、味わいを理解するまでにはまだ時間を要する印象も受ける。

 スイーツの中ではケーキなどが人気で、その味は日本の影響を強く受けているのは間違いない。ケーキは洋菓子ではあっても、タイのケーキは日本っぽい味や、日本の生クリームの品質を採用している。それまでは質の悪いバタークリームが多かったタイだが、実際に和食人気に比例して日本のようなケーキ店も増加している。

 生クリームに慣れ始めた若い世代のタイ人はクレープなども好きなようだ。市場などでもクレープ屋台が出ているが、これらはせんべいのようにカリカリに焼いた皮にホイップクリームをのせていて、決しておいしいものではない。

 そんな中、すでにバンコクのタイ人には浸透し始めているクレープ店が「AINO CREPE」である。支店が10店舗以上あり、値段もリーズナブルで中高生でも買える設定になっている。ライチなどタイらしい果物を使ったものもあったり、抹茶のクリームなどタイ人の日本好きなところもアピールしている。皮は時間帯によっては作り置きになっているが、パリパリのものではなく、日本のクレープショップ同様に柔らかいクレープで食感もいい。

 従業員も大体2人くらいが常駐し、店舗構造も非常にシンプル。こういったビジネス形態もまた、日本人オーナーでは数少ないのではないか。いろいろな視点で興味深い飲食店だ。

【執筆:高田胤臣】
編集部おすすめ

当時の記事を読む

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク