【タイ】中国・韓国の観光客マナートラブルは深刻だが、年間来訪者3000万人に迫る

【タイ】中国・韓国の観光客マナートラブルは深刻だが、年間来訪者3000万人に迫る
中国人観光客のマナー問題について答える、タイ国政府観光庁ユッタサック・スパソーン総裁。(2015年11月27日午前10時30分ごろ、東京・ホテルニューオータニで撮影)
 2015年12月30日、タイを訪れる観光客は、今年の目標だった2880万人を突破して、12月23日に2900万人目となったロシア人の来訪者をスワンナプーム国際空港で出迎えた。その後も順調に来訪者が増えており、29日現在3000万人に迫る勢いで、タイ国政府観光庁でも大きな期待を膨らませている。

その他の写真:タイ国際航空の機内食。「タイ風ポークカレー」のライスは、タイ産の高級香り米「ゴールデンフェニックス」。日本で輸入できるエスニック料理に合う『長粒種』は、ほとんどがタイ米だ。良い香りが、各種のハーブが使われているカレーに良くマッチする。

 タイを訪れる観光客で一番多いのは中国人。先月、日本を訪問したタイ国政府観光庁ユッタサック・スパソーン総裁は「問題を起こされる中国人観光客は、経済成長で富を手に入れ、やっと海外に行けるようになったばかりの方々で、まだ、マナーを身に付けていないお客様です。中国からタイを訪れる観光客は年間800万人で、来年には、1000万人に達する勢いがあります。中国人のマナーや好ましくない行いは、中国人観光客が増えている全世界で共通して発生していて、タイに限って起きているわけではありません。CNTA(中国国家旅遊局)との間で、中国人観光客のマナー向上について合意したばかりです。タイで悪い行いや、(下品な)マナーの悪い中国人観光客は、タイを出国した時点で、中国でブラックリスト入りします。(ブラック入りすると数年間、海外に渡航することができなくなり、氏名などが公表される)タイ国政府観光庁は、タイでしてはいけない事(寺院などでのトラブルも多いため)マナーについて、詳細なパンフレットを作成して注意を促します。また、観光地には(中国人向けの)看板をたくさん設置し、注意事項を掲示します。トラブルを未然に防ぐための施策を積極的に進めていきます」などと苦しい胸の内を明かした。

 このところ、韓国からの観光客の横柄化問題も浮上してきており、頭を悩ませている。トラブルを起こす観光客の多くが、自国は先進国で、タイは発展途上国なので、わがままが許されると勘違いしているケースが多い。
【編集:高橋大地】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2015年12月30日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら