フィリピン人の若者グループの南沙上陸、中国が不満を表明

フィリピン人の若者グループの南沙上陸、中国が不満を表明
マニラ郊外のガソリンスタンドで、給油中のジプニー(乗り合いバス)
 2015年12月30日、レコードチャイナによると、中国が南シナ海で領有権を主張していることに反対するフィリピン人の若者約50人がスプラトリー諸島に上陸したことについて、中国が不満を表明した。

その他の写真:マニラ空港のクリスマスオブジェ。

 26日、フィリピン人の若者の多くは学生で、スプラトリー諸島のフィリピンが実効支配するパグアサ島(中業島)に上陸した。中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は28日、中国は中業島を含む南沙諸島の主権を所有していると主張し、フィリピンに対して「違法に占拠している人員や施設を島から撤去し、地域の平和と安定、中国とフィリピンの関係に不利になるようなことをしないよう促す」と述べた。

【編集:CR】

あわせて読みたい

GLOBAL NEWS ASIAの記事をもっと見る 2015年12月30日の国際総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら